実習は、各学年での必修科目として位置付けられています。

学年ごとの課題と目標にそって、教会の宣教と奉仕職にかかわる
多様な働きを、

約3週間にわたる実習地における人々との出会いの経験を通して
学習します。

その過程において、自己の召命の明確化と深化が求められます。